1. 無料アクセス解析

モデル京子 個人撮影モデル

カメラを始めたばかりの方も大歓迎 一対一の個人撮影モデルになります

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

身体の芯から

つけっぱなしのテレビから流れる先日の地震情報を聞きながらこの記事を書いています。
実は、地震が起きたのを知ったのは、その日の夕方5時頃にテレビをつけてから。
映し出された別世界の様な映像に我が目を疑いました。
同じ日本で起きている事実・・・

時間が経つにつれ被害状況は露わに伝わってきたけれど、地震直後は一体何が起こったのか、ポカンと口を開けてただテレビを見つめるだけ。
東京の交通網がストップして帰宅に支障をきたしている人の様子を知って初めてパニック状態に気づきました。

62807476_v1299728111.jpg
地震直後、Twitterで誰かがつぶやいていました。
『コンビニ行ったら店員がしっかり働いていた。おにぎりや弁当は軒並み売り切れだった。クロネコヤマトのクール便の配達員が小走りで仕事をしていた。職務にそこまで従順でなくてもいいんじゃないのと思いつつ、この国は凄いと思った』

そう、阪神大震災の時もそうだった。
大阪も夕方まで停電、電話も繋がらなかった。
勿論、電車も動かなかった。
しかしそんな惨状の中、しっかり出勤する準備を整えて電話が繋がるのを待っていた自分が居た。
就業時間あと1時間を残す頃にやっと会社にたどり着いた事を思い出しました。

そう、身体の芯からこの国の気質が染みついているいるのだと。
どんな状況になったってこの生真面目な気質は捨てきれないのだと。
・・・かつてはそんな気質を恥ずかしくて隠し続けてきたけれど
今頃やっと、しっかり認める事が出来る様になりました。

blogram投票ボタン
カメラを始めたばかりの方も大歓迎です\(^o^)/
一対一の個人撮影モデルになります。
撮影モデル、撮影会モデル、個人撮影などモデル撮影のお問い合わせは
下記ホームページの 京子contact よりアクセスして下さい。

高山京子オフィシャルサイト http://homepage3.nifty.com/lovelykyouko/

ホームページをご覧になれない方はこちらからお問い合わせ下さい ヽ(^o^)丿

アメブロの方はこちらからどうぞ。http://ameblo.jp/lovelykyouko/
★京子のグルっぽモデル京子にご参加頂ける方を募集中です。
自分に関するあれこれ | コメント:6 | トラックバック:0 |
<<泣いた | HOME | なごり雪>>

この記事のコメント

僕は、体も家も無事でした(^^
とはいえ、仕事柄昨日も今日も出社して臨戦態勢です・・・
皆、自分の出来る領域で精一杯頑張っています。
mixiで素敵な日記がありました(^^

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1688048243&owner_id=9448534

マイミクさんではありませんが、思わず僕の表のミクで拡散させて頂きました♪
2011-03-13 Sun 17:19 | URL | MARVIN [ 編集]
御無事で何よりです。
休日返上して出勤ですか。
あの惨事の直後に精神的にもお辛い事でしょう。

ご紹介頂きました日記を拝見しました。
ここのところ元気の無かったこの国の底ぢからを発見出来ましたね。
どんな逆境も生きる強さに変えていける様な気がします、この国の精神は。
2011-03-13 Sun 21:34 | URL | 高山京子 [ 編集]
 僕自身今回の地震で本当にお世話になった方が被災されたことに対して心が痛む限りです。幸い東北地方でお世話になった方の被災はありませんでした。
2011-03-14 Mon 10:46 | URL | 月光浴 [ 編集]
本当に・・・
直接被災していない人間であっても、今回の地震と全く関係の無い人はいないと思います。
月光浴さんにとっては思い入れの強い東北。
失ったものは大きいと思いますが、被災者が無かった事は幸いでしたね。

2011-03-14 Mon 13:42 | URL | 高山京子 [ 編集]
こんばんは。

正直なところ…親父の事もあったんで、こちらサイドのこともしっかりしつつこの震災後の状況、動向を気に掛けていました。

私も、すぐに阪神大震災の事が、頭に過ぎりました。
震災当日は、京都は四条木屋町の雑居ビルにてライヴの打ち上げをやってました。私達のバンドをちょっと気に入ってくださったお客さんが経営する若者向けのお洒落なお店だったんですが…
京都も相当な揺れでした。それに加え雑居ビルでも5階に位置していたのでより以上の揺れを感じました。
吊り型式で置いてあるグラスは滑り落ち、ボトル棚の飲み物は落ち、納まってみると見るも無残な光景…。
部屋に戻ったら戻ったで、ラックやAV機器(コンポ)などは倒れぐしゃぐしゃになってました。
片付けを終え落ち着いたところで、TVを見てこの地震が阪神大震災であることを知らされました。
京都のお店や私の部屋の比じゃありません…。
高速道路はなぎ倒され、神戸市東灘区を中心に火の海…。
起こってる状況を現実として受け止めるまでに凄く時間が掛かったことを鮮明に覚えてます。

そして、日本人のここぞとばかりの真の強さを実感させられたのもこの震災でした。

あれから16年…今度は東日本でのあまりにも無残で死者、不明者は阪神大震災を遥かに上回ってしまうほどの惨劇…。

でも、この惨劇の中でも日本人は強かった…。
何に対しても諦めるという言葉を持ち合わせていなかった…。
生きることへの執着!! 私達の手で必ず甦らせようという大和魂!! それは本当に凄いものでした。

当事者でない私達は、ただただ傍観することしか出来ない非力な人間…。
こういうことが起きて初めていろんなことに気付かされる始末ですよ。

でもそれでもいいと思ってます。
それでも、私達に出来る事は何かを必死で考え、非力ながらもサポート出来ればと思ってる次第です。

自分自身が動揺しないように強くなっていく努力もしなきゃいけないとも思ってます。

頑張ろう!!みんな…!!


2011-05-11 Wed 18:16 | URL | NOBU [ 編集]
阪神大震災のことは深く心に刻まれています。
今もこれからも。
ただ、あの頃はこれほどネット社会ではありませんでしたから余計な情報も入ってきませんでした。
今回の震災はネットのお蔭で被災地以外の人の心にも強く影響を与えたのではないかと思います。
京子もその一人です。
自分の非力さに絶望し、今までの価値観もひっくり返ってしまいました。
情けない話です。
本当に自分自身が強くなければ、被災された方々を励ます事すら出来ないと身に沁みて感じました。
2011-05-11 Wed 22:55 | URL | 高山京子 [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。